無脳症 出産後 生存率

無脳症の胎児の出産後の生存率は?

無脳症の胎児の出産後の生存率は低く、およそ75%といわれます。

 

残り25%についても、出産後1週間程度で死亡するケースがほとんどです。集中的な治療によって1年以上生存したという報告もありますが、これはごくまれな事例です。

 

なぜなら無脳症の場合、生命維持に関し重要な役割を果たす「脳幹」部分が欠損していることが多いためです。

 

この場合、出産によって胎児が母体と切り離された瞬間に、生命の維持が困難になります。母体の中にいるうちは、酸素や栄養は母体から提供されますので、生きていられます。

 

いわば、母体は高度な生命維持装置のようなものなのです。また、つわりや胎動もあり、健康な胎児となんら変わりはありません。

 

しかし、いったん母体から外に出てしまえば酸素も栄養も自分で摂取しなくてはなりません。脳幹が欠損していると、呼吸などの生命維持に必要な活動が自力では行えないので、生存が難しいのです。

 

このように、無脳症は非常に生存率が低いため、中絶を選択する医師・妊婦が多く、また世間的にも容認される傾向にあります。

 

妊娠4か月ごろの超音波検査で診断が可能なので、母体への負担が少ない初期のうちに施術されることが多くなっています。

葉酸不足による無脳症を予防するには葉酸サプリをどうぞ♪