無脳症 高齢出産 リスク

子供は健康に生まれてきてくれることが理想ですが、時には何らかの障害が出る場合もあります。

 

胎児の障害にも様々な種類がありますが、無脳症も有名な症状のひとつです。

 

無脳症はその名前の通り脳がない状態の奇形、もしくは大部分が欠損している状態を指します。

 

そして無脳症はかなり重度の奇形となりますので、出産したとしても生存能力はほとんどないとされています。

 

それゆえにこうした症状であると発覚した場合、医師から中絶を勧められることも少なくありません。

 

そして、どうしてこのような奇形が起こるのかも気になるところです。

 

最近は晩婚化が進んでおり、35歳以上、あるいは40代で出産することもあり、高齢出産も珍しいことではなくなっています。

 

高齢出産で問題なく元気な赤ちゃんを出産している例も多くありますが、高齢出産はダウン症などのリスクが高まることでも知られています。

 

これは高齢になるほど卵子が老化し染色体の異常が起きやすくなるからとされています。

 

では、無脳症の場合も高齢出産でリスクが高まるのかと言うこととなりますが、無脳症の場合はその原因が判明していませんし、若い世代でも起こることですので、高齢出産でリスクが高まるということは一概に言えないものがあります。

葉酸不足による無脳症を予防するには葉酸サプリをどうぞ♪